クリニックと病院の違いとは?

看護師が教えるクリニックと病院の違い

世の中には医療施設は多数存在しています。クリニックには普段訪れても、大病院に関わる機会はないかもしれませんが、それぞれの医療施設にはそれぞれの役割があって、国民皆保険制度のもと、病気の症状の度合いに応じて、全国民がそれぞれの医療機関を利用できるようになっているからです。このたくさんの医療施設の中からいい病院といい医師を探すポイントをご紹介します。

看護師が教えるクリニックと病院の違いとは

記事一覧

病院の役割とは

病院の役割とは

病院と一口にいっても種類は様々で規模も様々です。いわゆる病院は、規模によって、その名称が区別され、役割も違います。ベット数が19床以下は「クリニック」、20床以上199床が「病院」、200床以上が総合病院など大病院と区分けです。それぞれ病院には規模に応じた役割があります。軽症患者や慢性患者はクリニックの守備範囲ですし、精密検査や難度の高い手術は設備やスタッフの整った大病院の役目です。その棲み分けを図るための施策もいろいろと用意されています。続きはこちら

かかりつけ医の選び方

かかりつけ医の選び方

普段から自分や家族の健康を管理してくれるのが「かかりつけ医」です。特に小さな子供や高齢者のいる家庭ではかかりつけ医がいると心強いものです。しかし、一般にかかりつけ医がいる人は少ないようです。今後の自分と家族のことを考えて、かかりつけ医を選ぶとしたら、どのような点に注意すればいいのでしょうか?まず、第一に自宅から近いことが基本です。そして、何でも話すことができる医師個人の人柄や自分との相性が重要です。続きはこちら

気になる記事一覧

看護師目線の良い病院とは
看護師目線の良い病院とは

看護師さんにとっての「良い病院」はどんな病院なのでしょうか。
転職をするときにベストな選択ができるように
求人/看護師専門転職サイト/病院見学/面接
この各ポイントでのチェック項目をまとめました。
併せて、転職する上での心づもりも書いています。
「転職で失敗したくない」
「後悔しない転職をしたい」
「笑顔で働ける病院に移りたい」
そんな看護師さんは、ぜひ参考にしてみてください。
きっと自分の考えややるべきことが、はっきりと見えてきますよ。続きはこちら

採用されやすい看護師とは
採用されやすい看護師とは

転職を考えるとき「同じような失敗はしたくない」
と思う人がほとんどではないでしょうか。
看護業界では人間関係が良好なところや激務ではないところなどより良い職場を求めて転職を希望する看護師も多いです。
とは言え、一般の求人募集要項に目を通すだけでは情報が乏しく就職後のミスマッチが生じてしまう可能性があります。
そのため、気になる病院のチェックポイントを押さえさらに職場見学を通してしっかりと情報収集することが大切です。
その他にも採用されやすいポイントを押さえておくと転職を繰り返すことのない理想のライフスタイルを手に入れることができるでしょう。続きはこちら

クリニックと病院の医療費の違い
クリニックと病院の医療費の違い

病院もクリニックも医療機関の1つですが、両者には明確な違いがあります。
規模や病床数、取り組んでいる医療サービスの内容など、違いはさまざまです。
ここでは、金銭部分である「医療費」に注目しどのような違いがあるのか。
また患者側からすると、どのように使い分ければいいのかについてご紹介しています。
自身や家族の病気やケガの際に適した医療機関で適した治療を受けるためにも、両者の違いについておさえておきましょう。続きはこちら

成功率が上がる看護師の転職術
成功率が上がる看護師の転職術

転職のゴールは志望先に内定をもらってときではありません。
入職後、ミスマッチが少なく働きやすい環境で活躍できているかどうかが本当のゴールであり転職が成功したといえるのです。
「転職しないほうが良かった」という状況を避けるためには情報収集や転職理由の明確化などを事前にしっかり行う必要があります。
しかし、初めての転職の場合は特に何から始めればいいかわからないのではないでしょうか。
そこで強い味方となるのが看護師専門の転職サイトです。続きはこちら

良い病院の見分け方
良い病院の見分け方

「ここの病院は診療科目が多いから安心」「大学教授がいる病院だから腕はいいはず」といった何の確信もなくかかりつけ医を決めるのは安易かもしれません。また、受け入れ患者数に対してスタッフの人数が少なすぎたり、電子カルテばかり見て診察していたりなど、細かな点にも注意を向けて病院やクリニックの良し悪しを判断することが大切です。これから長くお付き合いしていくかかりつけ医選びで失敗しないためにも、しっかりと情報収集をしておく必要があります。続きはこちら