病院やクリニックに関する基本的なことを知るために

はじめに

私たちが生活する街には、いろいろな名称の医療施設があります。「○○病院」「○△医院」「△×クリニック」「×○診療所」などなど。それを私たちはひとまとめにして「病院」と呼ぶことが多いのですが、本当は名称の違いに意味があります。「病院」と「クリニック」の違いはどこにあるのでしょうか?

はじめに

私のプロフィール

私は夫と二人の子を持つ現役看護師です。看護師生活は実質20年なので、まあベテランといっても差し支えないでしょう。私は都内の中規模病院で新人看護師として働き始めましたが、その7年後に結婚、翌年に第一子を妊娠したため一旦離職しました。第一子を無事出産した1年後、再び看護師として働きたいと思い、都下のクリニックにて仕事復帰。日勤帯のパート看護師として働き、3年後に第二子を妊娠しました。今度は産休と育休を取得した後このクリニックで勤務を続けようと思ったのですが、クリニック側に受け入れ体制がなかったため、結局そのまま離職しました。その後は専業主婦として家事や育児に専念していたものの、やはり再び看護師として働きたいという思いは日々募る一方でした。それから2年が経過し、子育ても一段落したので、遂に復職することを決めたのです。その時に再出発の場として選んだのが、現在も勤めている総合病院です。現在は、交替勤務もある正職員ナースとしてバリバリ働いています。幸い今の職場は子育てへの理解があり、子どもの学校行事などがある場合も柔軟に対応してもらえて助かっています。もちろん残業や夜勤など大変なことも多いですが、毎日が充実しているのも事実です。紆余曲折を経ましたが、最終的に良い病院に巡り合うことができ、今は感謝しています。そして、今後もしかしたら私のような経験をするかもしれない若手看護師に、ささやかながらアドバイスを送りたいというのが、このサイトの本当の趣旨です。

医療に関わる基本的なことを知ってほしい

私は現役の看護師ですが、病院とクリニックの違いだけでなく、医療に関する基本的なことも皆さんに知ってほしいと思っています。それは私たちが全員加入している健康保険のことであったり、かかりつけ医の必要性であったり、良い病院や良い医師の見分け方であったり。結婚・出産を経て家族が増えてから、医療に関する基本的なことやちょっとしたポイント、注意点を知っておけば、自分自身や家族の健康を守れるのだとしみじみ思う場面が多々あります。何かあってからでは遅いかもしれないので、今のうちに理解しておき、迅速かつ適切な行動をしてもらいたいです。そして、同時に若手看護師にも復習の意味でこれらのことを確認してもらい、改めて看護師の仕事の素晴らしさや今後も働き続けるための方法などを見出してほしいと思っています。

若手看護師へのアドバイス

今現在、看護師不足が叫ばれて久しいですが、実は看護師の資格を取る人は毎年、一定数以上増えています。にも関わらず、看護師不足と言われているのには、2つの要因があります。1つは、日本は今超高齢化社会に突入しており、医師の診察や看護師の看護を必要としている人が増加していることです。そしてもう1つは、看護師の資格を持っていても、離職する人が多いということです。看護師の離職は、結婚や出産のタイミングだったり、職場環境の厳しさに耐えかねてであったり様々ですが、数が多いことは間違いありません。でも、若手看護師の皆さんは、病気の人を助けたいという純粋な人助けの気持ちで看護師をめざしたはずです。責任の重い仕事なので、多少のつらいことは覚悟できていたはずです。それでも離職を考えるのは、それなりの理由があるのでしょう。それでも今後の医療を支えていくためにも、若手看護師の皆さんはなるべく離職を選択せず、転職して新たなスタートを切ってほしいと私は思っています。ただ、私が実際に経験したように、いくら働き続けたいと思っても、受け入れてくれる体制が整っていなければ結局離職せざるを得なくなるのも事実です。そういったことも踏まえ、自分のライフプランや目的に合った環境の職場を選んでほしいという思いから、このサイトを立ち上げました。冷静に判断できるよう、基本情報や良い病院・クリニックの条件、転職のコツなどを様々な角度から調べてみたので、参考になれば幸いです。

気になる記事一覧

看護師目線の良い病院とは
看護師目線の良い病院とは

看護師さんにとっての「良い病院」はどんな病院なのでしょうか。
転職をするときにベストな選択ができるように
求人/看護師専門転職サイト/病院見学/面接
この各ポイントでのチェック項目をまとめました。
併せて、転職する上での心づもりも書いています。
「転職で失敗したくない」
「後悔しない転職をしたい」
「笑顔で働ける病院に移りたい」
そんな看護師さんは、ぜひ参考にしてみてください。
きっと自分の考えややるべきことが、はっきりと見えてきますよ。続きはこちら

採用されやすい看護師とは
採用されやすい看護師とは

転職を考えるとき「同じような失敗はしたくない」
と思う人がほとんどではないでしょうか。
看護業界では人間関係が良好なところや激務ではないところなどより良い職場を求めて転職を希望する看護師も多いです。
とは言え、一般の求人募集要項に目を通すだけでは情報が乏しく就職後のミスマッチが生じてしまう可能性があります。
そのため、気になる病院のチェックポイントを押さえさらに職場見学を通してしっかりと情報収集することが大切です。
その他にも採用されやすいポイントを押さえておくと転職を繰り返すことのない理想のライフスタイルを手に入れることができるでしょう。続きはこちら

クリニックと病院の医療費の違い
クリニックと病院の医療費の違い

病院もクリニックも医療機関の1つですが、両者には明確な違いがあります。
規模や病床数、取り組んでいる医療サービスの内容など、違いはさまざまです。
ここでは、金銭部分である「医療費」に注目しどのような違いがあるのか。
また患者側からすると、どのように使い分ければいいのかについてご紹介しています。
自身や家族の病気やケガの際に適した医療機関で適した治療を受けるためにも、両者の違いについておさえておきましょう。続きはこちら

成功率が上がる看護師の転職術
成功率が上がる看護師の転職術

転職のゴールは志望先に内定をもらってときではありません。
入職後、ミスマッチが少なく働きやすい環境で活躍できているかどうかが本当のゴールであり転職が成功したといえるのです。
「転職しないほうが良かった」という状況を避けるためには情報収集や転職理由の明確化などを事前にしっかり行う必要があります。
しかし、初めての転職の場合は特に何から始めればいいかわからないのではないでしょうか。
そこで強い味方となるのが看護師専門の転職サイトです。続きはこちら

良い病院の見分け方
良い病院の見分け方

「ここの病院は診療科目が多いから安心」「大学教授がいる病院だから腕はいいはず」といった何の確信もなくかかりつけ医を決めるのは安易かもしれません。また、受け入れ患者数に対してスタッフの人数が少なすぎたり、電子カルテばかり見て診察していたりなど、細かな点にも注意を向けて病院やクリニックの良し悪しを判断することが大切です。これから長くお付き合いしていくかかりつけ医選びで失敗しないためにも、しっかりと情報収集をしておく必要があります。続きはこちら