転職先の病院に採用されやすい看護師とは?

採用されやすい看護師とは

新規採用でも、転職でも採用されやすい人と採用されにくい人がいます。20代の看護師は一般的に見ると採用されやすいはずです。若いので、体力もあって長く働いてくれそうですし、記憶力も十分にある年齢なので、教育した成果が見込めるので、採用されやすいのです。でも、これは原則的な話で、個別の例を見ていくと、採用されにくい人もいます。

採用されやすい看護師とは

採用されにくい人とは

例えば、20代なのに転職を繰り返している看護師は、転職の理由がやむを得ない場合は採用の障壁になることはありませんが、自分に職場が合わなかったなどの理由で転職を繰り返していると、採用しても同じ理由で辞める可能性があるとみられ採用されにくくなります。また、今までの自分の仕事上の経験を必要以上にアピールするのも、採用されにくい原因となります。採用してもらうために、看護師としての自分の経験をアピールするのでしょうが、20代の若さでそれを強調されても採用する側は、これからもっと研修や教育を通じて成長してもらおうと考えているのに、逆効果となります。

経験の生かし方

またそれなりに経験を積んでいる若い看護師の転職の場合、それまでの経験にこだわり過ぎると採用が難しくなります。経験があるのは良いのですが、その経験を大切にし過ぎて、新しい勤務先に過去の病院のやり方を持ち込もうとするような頑固さがあると採用側は腰が引けます。もし、過去の経験を生かすならば、新しい勤務先のやり方に改善すべき点があるときに以前の経験をもとに改善案を提案していくような姿勢を示していけば、周りにも理解が得られやすいし、経営サイドの評価も高くなります。採用の前の段階では、コミュニケーション能力が高く、協調性があることを理解してもらえるならば、採用されやすい人材となります。

採用されやすい人になるには

また、前職が美容クリニックなどの医療行為が少ない職場で働いていた場合も、病院に採用されにくい原因となります。ただし、ここでもコミュニケーション能力と前向きな姿勢と協調性を理解してもらえたら、伸びしろのある若手ゆえ、採用の可能性は高くなります。基本的に採用されやすい看護師の特徴としては、まず、転職の理由がやむを得ないものであり、利己的な理由ではないことで、なおかつ今までの経験を活かしつつ、新たな職場でしっかり学んでいきたいという気持ちを伝えられること。自分の中で将来的なビジョンはしっかり持ちつつも、採用面接の際は、謙虚な姿勢で臨むことが大切です。

気になる記事一覧

健康保険の知識
健康保険の知識

日本では国民皆保険制度が取られていて、全国民がなんらかの健康保険制度に加入しています。その制度とは、被用者保険と国民健康保険の二つで、どちらかに必ず加入していて、その結果、怪我や病気で病院に掛かっても、高価な医療費でも全額負担をすることがないので、懐具合を心配することなく、安心して健康の維持に努めることができるのです。続きはこちら

クリニックと病院の診察の違いとは
クリニックと病院の診察の違いとは

クリニックは風邪のような軽症の患者や慢性疾患の患者が通院する19床以下の医療施設で、病院は20床以上で診察科目も多く、特に200床以上の大病院は、精密検査や手術など高度医療設備を使用する最先端の技術を保有する医療施設です。ですから、クリニックと大病院がうまく棲み分けができるような施策も採られています。続きはこちら

看護師目線の良い病院とは
看護師目線の良い病院とは

看護師が病院を見るときは、基本的には自分がここに勤務するとしたら、という視点になります。そのため病院の内部の施設やスタッフの状況に目が行くことになります。病棟や廊下はよく清掃されているか、あるいは看護師の人数はこの病院の規模に対して多いのか少ないのか等。その状況によっては、病院の経営は安定しているのだろうか等といったところにまで考えが及ぶのです。続きはこちら