病床数が20以上の病院と200床以上の大病院の役割は?

病院の役割とは

病院には様々な種類、役割があります。1992年以降、国では医療機関に対し、役割や機能を一人一人の患者に理解してもらえるよう指導しています。人は病気になると、大きな病院へ行けば安心するといった感覚に陥る事があります。しかし風邪などの軽い症状の人が大病院へ行ってしまうと、時間だけがかかってしまいます。また重病の患者を長時間待たせてしまう事にもなりかねない為、病状にあった医療機関に行かなければなりません。

病院の役割とは

医療機関の種類

医療機関は大きく二つに分かれています。一つは「クリニック」そしてもう一つは「病院」です。「クリニック」は、診療所、医院も含んでいます。
「クリニック」は19床以下のベットがある医療機関の事を言います。また、クリニックの中には入院設備のない場合もあります。クリニックの大半は、1次診療の役割を持っており、風邪や腹痛のような一般的な病気の診察をメインに行っています。(クリニックの中には専門的な医療を行っている場合もあります。)その後病状により専門的な治療が必要になった場合には、病院に患者を紹介し、検査をしてもらいます。患者個人の病状に合わせ、クリニックと病院が診療する。それを病診連携といいます。

「病院」とは?

病院はベット数が20床以上ある医療機関の事を言いますが、クリニックでは対応する事の出来ないような患者を診療します。また、入院患者の治療をメインで行う事が病院としての役割とも言えます。病院の病床といっても色々な種類や役割があり、急性期の治療を行う「一般病床」発症直後から回復するまで長期の療養をしなければならない患者には「療養病床」他には「精神病床」「結核病床」「感染症病床」など様々な病気に対し機能分化を進めています。

「病院」の種類

病院を機能別に見てみると、一般病院や特定機能病院、地域医療支援病院などといった種類に分ける事が出来ます。その中でも200病床あるような総合病院になると、急性期医療が多い様です。3次医療を行っている特定機能病院は国立がんセンターや大学病院などが条件付きで国から承認されています。その他にも救命救急センターや地域災害医療センター、がん拠点病院、エイズ診療拠点病院、地域周産期母子医療センターなどといった、特定分野ごとに分けられた医療機関もあります。診療体制を整えなければ国からの指定を認めてもらう事が出来ない為、ある程度診療の質を保証しなければなりません。病気に対し、どの医療機関に行けばいいのかを考えながら患者は行動し、医療関係者はその専門において治療をする事が好ましいのではないでしょうか。

気になる記事一覧

看護師目線の良い病院とは
看護師目線の良い病院とは

看護師さんにとっての「良い病院」はどんな病院なのでしょうか。
転職をするときにベストな選択ができるように
求人/看護師専門転職サイト/病院見学/面接
この各ポイントでのチェック項目をまとめました。
併せて、転職する上での心づもりも書いています。
「転職で失敗したくない」
「後悔しない転職をしたい」
「笑顔で働ける病院に移りたい」
そんな看護師さんは、ぜひ参考にしてみてください。
きっと自分の考えややるべきことが、はっきりと見えてきますよ。続きはこちら

採用されやすい看護師とは
採用されやすい看護師とは

転職を考えるとき「同じような失敗はしたくない」
と思う人がほとんどではないでしょうか。
看護業界では人間関係が良好なところや激務ではないところなどより良い職場を求めて転職を希望する看護師も多いです。
とは言え、一般の求人募集要項に目を通すだけでは情報が乏しく就職後のミスマッチが生じてしまう可能性があります。
そのため、気になる病院のチェックポイントを押さえさらに職場見学を通してしっかりと情報収集することが大切です。
その他にも採用されやすいポイントを押さえておくと転職を繰り返すことのない理想のライフスタイルを手に入れることができるでしょう。続きはこちら

クリニックと病院の医療費の違い
クリニックと病院の医療費の違い

病院もクリニックも医療機関の1つですが、両者には明確な違いがあります。
規模や病床数、取り組んでいる医療サービスの内容など、違いはさまざまです。
ここでは、金銭部分である「医療費」に注目しどのような違いがあるのか。
また患者側からすると、どのように使い分ければいいのかについてご紹介しています。
自身や家族の病気やケガの際に適した医療機関で適した治療を受けるためにも、両者の違いについておさえておきましょう。続きはこちら

成功率が上がる看護師の転職術
成功率が上がる看護師の転職術

転職のゴールは志望先に内定をもらってときではありません。
入職後、ミスマッチが少なく働きやすい環境で活躍できているかどうかが本当のゴールであり転職が成功したといえるのです。
「転職しないほうが良かった」という状況を避けるためには情報収集や転職理由の明確化などを事前にしっかり行う必要があります。
しかし、初めての転職の場合は特に何から始めればいいかわからないのではないでしょうか。
そこで強い味方となるのが看護師専門の転職サイトです。続きはこちら

良い病院の見分け方
良い病院の見分け方

「ここの病院は診療科目が多いから安心」「大学教授がいる病院だから腕はいいはず」といった何の確信もなくかかりつけ医を決めるのは安易かもしれません。また、受け入れ患者数に対してスタッフの人数が少なすぎたり、電子カルテばかり見て診察していたりなど、細かな点にも注意を向けて病院やクリニックの良し悪しを判断することが大切です。これから長くお付き合いしていくかかりつけ医選びで失敗しないためにも、しっかりと情報収集をしておく必要があります。続きはこちら