病床数が20以上の病院と200床以上の大病院の役割は?

病院の役割とは

病院には様々な種類、役割があります。1992年以降、国では医療機関に対し、役割や機能を一人一人の患者に理解してもらえるよう指導しています。人は病気になると、大きな病院へ行けば安心するといった感覚に陥る事があります。しかし風邪などの軽い症状の人が大病院へ行ってしまうと、時間だけがかかってしまいます。また重病の患者を長時間待たせてしまう事にもなりかねない為、病状にあった医療機関に行かなければなりません。

病院の役割とは

医療機関の種類

医療機関は大きく二つに分かれています。一つは「クリニック」そしてもう一つは「病院」です。「クリニック」は、診療所、医院も含んでいます。
「クリニック」は19床以下のベットがある医療機関の事を言います。また、クリニックの中には入院設備のない場合もあります。クリニックの大半は、1次診療の役割を持っており、風邪や腹痛のような一般的な病気の診察をメインに行っています。(クリニックの中には専門的な医療を行っている場合もあります。)その後病状により専門的な治療が必要になった場合には、病院に患者を紹介し、検査をしてもらいます。患者個人の病状に合わせ、クリニックと病院が診療する。それを病診連携といいます。

「病院」とは?

病院はベット数が20床以上ある医療機関の事を言いますが、クリニックでは対応する事の出来ないような患者を診療します。また、入院患者の治療をメインで行う事が病院としての役割とも言えます。病院の病床といっても色々な種類や役割があり、急性期の治療を行う「一般病床」発症直後から回復するまで長期の療養をしなければならない患者には「療養病床」他には「精神病床」「結核病床」「感染症病床」など様々な病気に対し機能分化を進めています。

「病院」の種類

病院を機能別に見てみると、一般病院や特定機能病院、地域医療支援病院などといった種類に分ける事が出来ます。その中でも200病床あるような総合病院になると、急性期医療が多い様です。3次医療を行っている特定機能病院は国立がんセンターや大学病院などが条件付きで国から承認されています。その他にも救命救急センターや地域災害医療センター、がん拠点病院、エイズ診療拠点病院、地域周産期母子医療センターなどといった、特定分野ごとに分けられた医療機関もあります。診療体制を整えなければ国からの指定を認めてもらう事が出来ない為、ある程度診療の質を保証しなければなりません。病気に対し、どの医療機関に行けばいいのかを考えながら患者は行動し、医療関係者はその専門において治療をする事が好ましいのではないでしょうか。

気になる記事一覧

健康保険の知識
健康保険の知識

日本では国民皆保険制度が取られていて、全国民がなんらかの健康保険制度に加入しています。その制度とは、被用者保険と国民健康保険の二つで、どちらかに必ず加入していて、その結果、怪我や病気で病院に掛かっても、高価な医療費でも全額負担をすることがないので、懐具合を心配することなく、安心して健康の維持に努めることができるのです。続きはこちら

クリニックと病院の診察の違いとは
クリニックと病院の診察の違いとは

クリニックは風邪のような軽症の患者や慢性疾患の患者が通院する19床以下の医療施設で、病院は20床以上で診察科目も多く、特に200床以上の大病院は、精密検査や手術など高度医療設備を使用する最先端の技術を保有する医療施設です。ですから、クリニックと大病院がうまく棲み分けができるような施策も採られています。続きはこちら

看護師目線の良い病院とは
看護師目線の良い病院とは

看護師が病院を見るときは、基本的には自分がここに勤務するとしたら、という視点になります。そのため病院の内部の施設やスタッフの状況に目が行くことになります。病棟や廊下はよく清掃されているか、あるいは看護師の人数はこの病院の規模に対して多いのか少ないのか等。その状況によっては、病院の経営は安定しているのだろうか等といったところにまで考えが及ぶのです。続きはこちら