新たな病院へ転職するための注意点

転職を考えている看護師への注意点

経験の浅い若い看護師は体力の面では有利ですし、知識面ではまだまだ伸びしろがあるので、転職採用されやすいです。30歳前後の看護師の場合も、ある程度経験も積んでいて、知識面も充実しているので、一人前の仕事が期待できるので、転職採用されやすいです。しかし、いくら採用されやすいといっても、注意が必要な点があります。

転職を考えている看護師への注意点

ライフプランを考えて転職しましょう

未婚の場合は、どのタイミングで結婚するか、結婚している人の場合は、いつ出産、子育てをするか等のことをイメージして、およそのライフプランを考えたうえで、転職活動をしましょう。採用されても、すぐに結婚して、その相手が転勤になったりすると、自分も辞めざるを得なくなるかもしれませんし、妊娠した場合は、産休を取ることになりますし、子育てが忙しければ、職場からの長期離脱や退職も考えざるを得ません。結婚、出産後も働きたいと考えているのならば、出産・育児についての休暇が充実しているか、保育施設が併設されているかどうかなどを事前に調べておく必要があります。

教育制度が整っているか

若くして転職をすると、その前職の経験が生きることがある反面、その経験がネックとなって、新しい知識を学ぶ機会がなくなる危険もあります。
転職する際には、その前の職場での経験を具体的に伝えて、何が強みで何が弱点なのかを伝えておきましょう。その上で、あらたな職場の教育制度を活用して、スキルアップをしていくことができます。採用側にとっても若い看護師が知識を習得して、ベテランへと成長していってほしいのです。そのためにも、正直に今までの経験と足りない部分を転職の面接時に話さなければいけません。

転職サイトを利用する

若くして転職する場合は、転職の不安や疑問などが出てきますが、それをそのまま周りの人に相談するのは難しいものです。若さがあるので、どこの病院でも採用される確率は高いのですが、実際にどのような職場を見つけていけば良いのかもわかりません。そんな時には、看護師紹介サイトなどを利用するのがお勧めです。看護師転職紹介サイトに登録すると、看護師転職のスペシャリストであるコンサルタントが転職についての相談にのってくれます。その上で、自分に合った転職先をいろいろと紹介してくれるので、相談しながら転職先を絞っていきましょう。看護師不足の折、自分の希望する転職先を選べる可能性は非常に高いのです。でもまず希望する転職先はどのようなところなのか、キャリアアップを目指すのか、時間の余裕を持って働くことができる職場を選ぶのか、等を絞った上での転職活動が重要です。

気になる記事一覧

健康保険の知識
健康保険の知識

日本では国民皆保険制度が取られていて、全国民がなんらかの健康保険制度に加入しています。その制度とは、被用者保険と国民健康保険の二つで、どちらかに必ず加入していて、その結果、怪我や病気で病院に掛かっても、高価な医療費でも全額負担をすることがないので、懐具合を心配することなく、安心して健康の維持に努めることができるのです。続きはこちら

クリニックと病院の診察の違いとは
クリニックと病院の診察の違いとは

クリニックは風邪のような軽症の患者や慢性疾患の患者が通院する19床以下の医療施設で、病院は20床以上で診察科目も多く、特に200床以上の大病院は、精密検査や手術など高度医療設備を使用する最先端の技術を保有する医療施設です。ですから、クリニックと大病院がうまく棲み分けができるような施策も採られています。続きはこちら

看護師目線の良い病院とは
看護師目線の良い病院とは

看護師が病院を見るときは、基本的には自分がここに勤務するとしたら、という視点になります。そのため病院の内部の施設やスタッフの状況に目が行くことになります。病棟や廊下はよく清掃されているか、あるいは看護師の人数はこの病院の規模に対して多いのか少ないのか等。その状況によっては、病院の経営は安定しているのだろうか等といったところにまで考えが及ぶのです。続きはこちら