病院とクリニックの違いとは?

クリニックと病院の違いとは

私たちが生活していく中で、病院は必要不可欠な医療機関です。私たちが住んでいる街には大小様々な医療機関があり、患者は「どこに行けばいいのか分からない」といった声を良く聞きます。小さい病院では病気は治らないのでしょうか?大きな病院へ行けば最高の治療を受ける事が出来るのでしょうか?病院にはそれぞれ役割があります。いざ病気になった時、どこへ行けばいいのか。その役割や違い、医療費について、詳しく説明していきましょう。

クリニックと病院の違いとは

病院の役割とは

病院の役割とは

病院の種類は様々で、個人病院から総合病院まで規模も様々です。国では医療機関を専門的に分けていく事に取り組んでいます。ベット数が19床以内の「クリニック」20床以上の「病院」また200床以上の「総合病院」などです。それぞれ病院には役割というものがあります。しかしなぜ病院の種類を分けていかなければならないのか。クリニックも病院も同じなのではないのか。などといった疑問を解決するために説明していきたいと思います。続きはこちら

クリニックと病院の診察の違いとは

クリニックと病院の診察の違いとは

「クリニック」は小規模の医療機関、「病院」は大規模の医療機関の事を言います。この二つの医療機関を同じと思う人も多いと思いますが、実は全く違う役割を持っています。クリニックは日常的な病気の時に、病院は詳しい検査や、入院が必要な時に診察してもらう医療機関です。しかしそれを理解している人は少なく、大きな病院へ行けば何とかしてくれると思っている患者が多いのも事実です。ここでは、クリニックと病院の上手な付き合い方について詳しく説明していきたいと思います。続きはこちら

クリニックと病院の医療費の違い

クリニックと病院の医療費の違い

「クリニック」と「病院」の違いは規模だけでなく、医療費にも違いがあります。初診料は変わりませんが、病床数200以上の大病院は、紹介状なしで診察に訪れると特別料金を求められます。再診料も病床数によって、異なっています。これは、先進の医療機器で精密検査や手術を行う大病院と軽症の患者や慢性疾患の患者などを診るクリニックとうまく棲み分けを図るための措置で、再診料の違いには街のクリニックの経営安定のための配慮もあります。続きはこちら

気になる記事一覧

健康保険の知識
健康保険の知識

日本では国民皆保険制度が取られていて、全国民がなんらかの健康保険制度に加入しています。その制度とは、被用者保険と国民健康保険の二つで、どちらかに必ず加入していて、その結果、怪我や病気で病院に掛かっても、高価な医療費でも全額負担をすることがないので、懐具合を心配することなく、安心して健康の維持に努めることができるのです。続きはこちら

クリニックと病院の診察の違いとは
クリニックと病院の診察の違いとは

クリニックは風邪のような軽症の患者や慢性疾患の患者が通院する19床以下の医療施設で、病院は20床以上で診察科目も多く、特に200床以上の大病院は、精密検査や手術など高度医療設備を使用する最先端の技術を保有する医療施設です。ですから、クリニックと大病院がうまく棲み分けができるような施策も採られています。続きはこちら

看護師目線の良い病院とは
看護師目線の良い病院とは

看護師が病院を見るときは、基本的には自分がここに勤務するとしたら、という視点になります。そのため病院の内部の施設やスタッフの状況に目が行くことになります。病棟や廊下はよく清掃されているか、あるいは看護師の人数はこの病院の規模に対して多いのか少ないのか等。その状況によっては、病院の経営は安定しているのだろうか等といったところにまで考えが及ぶのです。続きはこちら