今の病院から転職を考えている若手看護師へのアドバイス

若手看護師のための良い病院への転職対策

看護師不足が社会問題になっている昨今ですが、看護師の資格を持つ人の絶対数は増え続けています。看護師の離職率の高さがむしろ問題なのです。離職したとしても、自分に合った病院を探して、転職ができれば、看護師不足の解消に繋がると想像できます。看護師が自分にあった良い病院を見つけて、転職をするための病院の見分け方と看護師自身が採用されやすくなるための注意点をご紹介します。そして、転職活動には看護師転職紹介サイトの活用が便利ですので、その利用方法も紹介します。

若手看護師のための良い病院への転職対策

看護師目線の良い病院とは

看護師目線の良い病院とは

一般的に良い病院と悪い病院の見分け方がありますが、看護師視点での良い病院の見分け方もあります。これは主に、勤務するとしたらどうなのかという視点なので、一般の人の視点とはまったく別なものです。でも、勤務する立場で悪い病院と判断できるところは、一般の患者さんにとっても悪い病院であることは間違いありません。病院の求人内容、実際の病院の内部の様子、採用担当者との面接、これらから、良い病院と悪い病院を見分けることができますので、ご紹介いたします。続きはこちら

採用されやすい看護師とは

採用されやすい看護師とは

病院に採用される側の看護師も、採用されやすい人とされにくい人がいます。特に若手看護師の転職者に顕著です。採用されやすい人とされにくい人の差はどこにあるのでしょうか?ちょっとしたことですが、本人が気づきづらいポイントを解説します。それは本人の転職理由が利己的な理由ではないことと、今までの経験を客観的視点で精査して、自分の強みと弱みを理解した上で、今後も足りない部分を謙虚に学んでいくという姿勢が採用者に伝わるかどうかに掛かっています。続きはこちら

転職を考えている看護師への注意点

転職を考えている看護師への注意点

転職を考えている看護師にはそれぞれ転職したい理由があるはずです。今の職場環境がつらいから、人間関係に耐えられないなど、の理由で転職を考えるのですが、そのまま勢いで転職しては、また同じことを繰り返す危険があります。転職をしようと考えたら、まず落ち着いて、いくつかのことをチェックしましょう。一番重要なチェックポイントは転職をするにあたっての自分のライフプランをどうするかです。はっきりしたものでなくても、おおよそのプランを立ててから、転職行動に移るべきです。続きはこちら

看護師のための転職サイト活用法

看護師のための転職サイト活用法

看護師が転職をしようとしてもなかなか時間が自由になりませんので、転職活動の進捗は芳しくないものです。そこで役に立つのが看護師転職紹介サイトです。看護師転職紹介サイトを利用することで、希望する病院を自宅にいながら検索し、調べることができます。応募もパソコンからできますので、自分のペースに合わせて、転職活動を進めることができます。ただし、注意が必要なのは、便利だからといって、一度に複数の求人に応募すると、その応対に手が回らなくなってします危険があります。計画的に進めていきましょう。続きはこちら

気になる記事一覧

健康保険の知識
健康保険の知識

日本では国民皆保険制度が取られていて、全国民がなんらかの健康保険制度に加入しています。その制度とは、被用者保険と国民健康保険の二つで、どちらかに必ず加入していて、その結果、怪我や病気で病院に掛かっても、高価な医療費でも全額負担をすることがないので、懐具合を心配することなく、安心して健康の維持に努めることができるのです。続きはこちら

クリニックと病院の診察の違いとは
クリニックと病院の診察の違いとは

クリニックは風邪のような軽症の患者や慢性疾患の患者が通院する19床以下の医療施設で、病院は20床以上で診察科目も多く、特に200床以上の大病院は、精密検査や手術など高度医療設備を使用する最先端の技術を保有する医療施設です。ですから、クリニックと大病院がうまく棲み分けができるような施策も採られています。続きはこちら

看護師目線の良い病院とは
看護師目線の良い病院とは

看護師が病院を見るときは、基本的には自分がここに勤務するとしたら、という視点になります。そのため病院の内部の施設やスタッフの状況に目が行くことになります。病棟や廊下はよく清掃されているか、あるいは看護師の人数はこの病院の規模に対して多いのか少ないのか等。その状況によっては、病院の経営は安定しているのだろうか等といったところにまで考えが及ぶのです。続きはこちら