豊富な病院情報を持つ看護師転職紹介サイトの利用の仕方

看護師のための転職サイト活用法

転職を考え始めたとき、看護師転職紹介サイトは、有用です。自分のペースに合わせて転職活動を進められるツールだからです。数ある求人情報から、自分の希望条件に合う求人案件をひとつづつ見ながら探していくのは効率的ではありません。看護師転職紹介サイトを賢く活用していきましょう。

看護師のための転職サイト活用法

看護師転職紹介サイトの利用法

1.転職紹介サイトを探して、求人情報の検索をします。
検索項目は、希望勤務地・エリア(都道府県・市町村・沿線など)、希望業務形態(病院・クリニック・一般企業など)がメインで、ほかに、病床数別、勤務シフト別(2交代や3交代・日勤のみ・午前のみなど)、休日(完全週休2日制、希望曜日ごと)などの雇用条件による検索や、「24時間託児あり」「未経験可」などをキーワードにして検索したり、フリーワードによる検索ができる場合もあります。
2.応募
希望の求人先を見つけたら応募します。応募は、個人として求人先へ直接問い合わせする方法と、その求人サイト経由で応募する方法があります。ただし、応募の入り口が違うだけで、個人と求人先が直接やりとりする流れは変わりません。求人先との連絡が取れたら、面接日の調整を行います。
3.面接から採用
面接の際には、求人先の雇用条件を改めて確認します。求人サイトで得られる情報には限りがありますので、採用後に条件が違うと後悔しないよう、疑問点は遠慮せずに確認しましょう。そして採用が決まったら、雇用契約書や雇用条件確認書などを交わすようにしましょう。

看護師転職紹介サイト活用の注意点

・転職活動には時間や手間がかかることを考慮しておくこと
転職紹介サイトを利用した転職活動はすべての手順を自分の手で進めなくてはなりません。そのため、時間や手間がかかるのも事実ですから、余裕を持って活動するようにします。
・複数の求人先への応募
複数の求人先へ一括で応募する機能がありますが、応募した数だけ求人先との対応に追われることになりますので、無理はしないで、応募時期をずらしたり、対応できる応募数に絞ったりするなどの工夫しながら、希望の求人先を選択していきましょう。
・雇用条件は必ず書面を交わす
労働基準法により、雇用者は雇用条件(期間、就業場所、業務内容、就業時間、休日、賃金など)を書面で明示する義務がありますので、必ず書面を交わして、大切に保管しましょう。
・判断に迷ったら、必ず誰かに相談しましょう
転職紹介サイトはネット上の窓口です。利用中に判断に迷ったら、ひとりで抱え込まずに、リアルな存在としての家族や友人、信頼のおける同僚など身近な人に相談して、冷静な判断ができるようにしましょう。
便利な使い勝手が良い反面、思考停止に陥る危険もありますので、慎重に利用しましょう。

気になる記事一覧

健康保険の知識
健康保険の知識

日本では国民皆保険制度が取られていて、全国民がなんらかの健康保険制度に加入しています。その制度とは、被用者保険と国民健康保険の二つで、どちらかに必ず加入していて、その結果、怪我や病気で病院に掛かっても、高価な医療費でも全額負担をすることがないので、懐具合を心配することなく、安心して健康の維持に努めることができるのです。続きはこちら

クリニックと病院の診察の違いとは
クリニックと病院の診察の違いとは

クリニックは風邪のような軽症の患者や慢性疾患の患者が通院する19床以下の医療施設で、病院は20床以上で診察科目も多く、特に200床以上の大病院は、精密検査や手術など高度医療設備を使用する最先端の技術を保有する医療施設です。ですから、クリニックと大病院がうまく棲み分けができるような施策も採られています。続きはこちら

看護師目線の良い病院とは
看護師目線の良い病院とは

看護師が病院を見るときは、基本的には自分がここに勤務するとしたら、という視点になります。そのため病院の内部の施設やスタッフの状況に目が行くことになります。病棟や廊下はよく清掃されているか、あるいは看護師の人数はこの病院の規模に対して多いのか少ないのか等。その状況によっては、病院の経営は安定しているのだろうか等といったところにまで考えが及ぶのです。続きはこちら