健康保険制度があるから安心して病院に通えます

病院に通うために必要な健康保険の基礎知識

病気や怪我で医療機関に行く時に必要な保険証。私たちにとって、健康保険の制度はなくてはならないものです。しかし、健康保険について詳しく知っているという人は多くありません。一体いつから日本は国民皆保険になったのでしょう。昔と現在の医療費の違いや健康保険と、国民健康保険の違いについて。保険料はどういう風に計算しているのか。また、病気やけがで休業中に受ける事の出来る保証などについて詳しく説明していきたいと思います。

病院に通うために必要な健康保険の基礎知識

健康保険の歴史

健康保険の歴史

生まれた時から死ぬまで、日本では公的医療保険制度によって守られていると言っても過言ではありません。現在「国民皆保険」である健康保険の歴史は大正時代から始まっていました。しかし当時はだれでも健康保険に入れるという訳ではありませんでした。しかし時代の流れと共に、公的医療保険制度は変化し続けています。公的医療制度が制定されてから健康保険はどのように変化してきたのか。これから詳しく説明していきたいと思います。続きはこちら

健康保険の知識

健康保険の知識

日本国民が全員加入している公的医療保険制度。病気や怪我などで病院に行った時には、受付窓口で当たり前のように保険証を出している事と思います。健康保険証を出せば、医療費の負担を安く抑える事が出来ます。しかし健康保険の種類やその仕組みについて詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。健康保険は大きく分けると二つの種類があります。それは被用者保険と国民健康保険です。ここではそんな健康保険について詳しく説明していきたいと思います。続きはこちら

健康保険と国民健康保険の違い

健康保険と国民健康保険の違い

病院を受診する際には必ず保険証を提出しなければ医療費が高額になってしまいます。保険証にも種類があります。大きく分けると「健康保険」と「国民健康保険」です。医療費の負担割合はどちらも一緒ですが、保険料やの計算方法や病気や怪我、出産などによる休業保証など大きな差があります。二つの保険を自分自身で選ぶ事は出来ませんが、退職した場合に限り国民健康保険に入るか、任意継続かを選ばなければいけません。一概にどちらの保険がいいとは言えませんが、二つの保険について説明していきたいと思います。続きはこちら

気になる記事一覧

健康保険の知識
健康保険の知識

日本では国民皆保険制度が取られていて、全国民がなんらかの健康保険制度に加入しています。その制度とは、被用者保険と国民健康保険の二つで、どちらかに必ず加入していて、その結果、怪我や病気で病院に掛かっても、高価な医療費でも全額負担をすることがないので、懐具合を心配することなく、安心して健康の維持に努めることができるのです。続きはこちら

クリニックと病院の診察の違いとは
クリニックと病院の診察の違いとは

クリニックは風邪のような軽症の患者や慢性疾患の患者が通院する19床以下の医療施設で、病院は20床以上で診察科目も多く、特に200床以上の大病院は、精密検査や手術など高度医療設備を使用する最先端の技術を保有する医療施設です。ですから、クリニックと大病院がうまく棲み分けができるような施策も採られています。続きはこちら

看護師目線の良い病院とは
看護師目線の良い病院とは

看護師が病院を見るときは、基本的には自分がここに勤務するとしたら、という視点になります。そのため病院の内部の施設やスタッフの状況に目が行くことになります。病棟や廊下はよく清掃されているか、あるいは看護師の人数はこの病院の規模に対して多いのか少ないのか等。その状況によっては、病院の経営は安定しているのだろうか等といったところにまで考えが及ぶのです。続きはこちら